2018年7月31日火曜日

2018年鈴鹿8時間耐久レース サポート報告

7月26日〜30日にかけて鈴鹿サーキットで2018年コカコーラ鈴鹿4時間耐久、8時間耐久レースが開催され、今年もみどりクリニックスタッフがライダーの身体のケアのために派遣されました。

今回は派遣チームが過去最も多く、以下のチームに総勢16名のスタッフが派遣されました。

8耐チーム
Red Bull Honda with 日本郵便

KYB MORIWAKI MOTUL RACING

MuSASHi RT HARC-Pro.Honda

ヨシムラスズキMotul

au・テルル MotoUP RT

Honda Asia-Dream Racing

Team SuP Dream Honda

Honda Dream RT 桜井ホンダ


4耐チーム
テルルMotoUP RT

A.P.Honda Racing Thailand



今年は気温はそれほど高くなりませんでしたが、台風上陸のため天候の変化が激しく転倒続出のレース展開でした。スタッフの多くも対応に追われて大忙しとなりました。改めて耐久レースを完走することの難しさを実感する大会でした。

今年は帯同チーム数が過去最大でした。ユニフォームも様々です。

身体のケア

ピットからスウィートへの移動中も身体を冷やします。

テーピング

身体のケア②

スタート前には突然のスコールでした


身体のケア③






2018年7月23日月曜日

緊急時対応シミュレーション訓練

7月18日に当院で院長先生指導のもと造影MRIアナフィラキシーショック時のマニュアルシミュレーション訓練を実施しました。
実際に操作室からMRIベッドを処置室へ運び、薬剤や機材を準備、心臓マッサージを行うなど実際に発生した時を想定し練習しました。
医療従事者としてとても大切な訓練ですね!


2018年7月5日木曜日

恒例行事!職員BBQ!

6月30日に毎年恒例のBBQ会を実施しました。

みどりクリニック屋上にて、お肉、焼きそば、ちゃんこ鍋、おにぎり、カプレーゼなど美味しくいただきました。




新人さんの歓迎会も兼ねており、理学療養士の小澤さんが新しくみどりファミリーとなりました。



小澤さんは他院での職務経験があり、アスレチックトレーナーとしてスポーツ現場の経験もお持ちです。即戦力としての活躍を期待しています!

後半では例年通りハチャメチャな展開となり、瀬戸口院長のとっておきの高級日本酒をこっそり飲んでいるスタッフもいました。(笑)



2018年も半分を過ぎました。BBQで英気を養なったので、今年の後半戦もさらにお仕事頑張れそうです!




2018年7月2日月曜日

第6回伊勢志摩・里海トライアスロンの大会サポート実施報告

 7月2日(日)第6回伊勢志摩・里海トライアスロンの大会があり、昨年に引き続き当院の友田と鶴田が救護班としてサポートいたしました。

 トライアスロンのスイムでは死亡事故の例もあることから、救護体制は入念に準備をして万が一に備えます。選手自身にも「リタイヤする勇気」を推奨しており、無理をしないことが重要となります。幸い今年も大きな事故はありませんでした。

 また今年も気候は高温多湿の中行われ、熱中症の症状を訴える選手が多く発生しましたが、昨年度の反省も活かされスムーズな対応ができたのではないかと思います。
今年からはAEDを持って巡回するアスレチックトレーナーを増やしたり、ライフセーバーと救護班のミーティングの時間を設けたり、昨年よりも多くの点で改善できていました。
どれだけ準備していても突発的な対応を迫られることはあるものですが、救護班同士の連携のもとしっかりと対応できました。

 今年は昨年の経験が活かされたサポートができたと思います。しかしその中でも、より良いサポートができるように、さらに試行錯誤が必要と思われます。
トライアスロンの競技人口は年々増えているようですので、みどりクリニックとしてもトライアスロンの競技発展のため少しでも力になれるよう尽力して参りたいと思います。

報告者:トレーナー 鶴田